【楽天スーパーセール】 Eddie ) ウェイブス ( WAVES Kramer ◆【DTM】【DAW】 Series【EKSIGSG】 Signature Waves ◆ Series Signature-音楽制作



輝かしい音楽の歴史のそばに必ずいた「Eddie Kramer」氏の最高のシステムを手元に。
Beatles、Jimi Hendrix、Led Zeppelinの名曲を手がけた、彼そのものが音楽の歴史とも言える Eddie Kramer 氏のシグネチャー。
The Beatlesが"All You Need Is Love"をレコーディングした時、コンソールにいたのはEddie Kramerでした。
Jimi Hendrixが"Purple Haze"をレコーディングした時、コンソールにいたのはEddie Kramerでした。
Led Zeppelinが"Whole Lotta Love"をレコーディングした時、コンソールにいたのは、やはりEddie Kramerでした。
以上の作品は今、この時点でも忘れられることも古びることも無く語り継がれる名盤中の名盤達です。

これらの作品では古き良き時代の音が満載ではありますが、実際のレコーディングそのものは"伝説"として語り継がれるような手法が取り入れられた意欲的な内容で、決して右へならえ、セオリーに従って、という具合の単調なレコーディング作業では無く、エンジニアリングするにしても非常に模索されて一つの作品となったことは確かですが、そんな作品が、今なお「最高のサウンド」として崇められている事は驚くべき事です。そんな未知なるものを歴史的名盤といわれるまでのものにエンジニアリングし導いたのが、Eddie Kramer氏です。

本製品はそのEddie Kramer氏自身が監修し、氏自身のプロセッシングをプラグインにした贅沢なプロセッシングバンドル。
これでダメなら、レコーディング環境や演奏者を疑った方が良いかも知れません。
当時のBEATLESはEMI London Studios(= Abbey Road Studios)の録音機材がコンサバすぎて、なかなか新しいマルチトラック・レコーダーや周辺機器が導入されなかった背景から、そして当時最先端だった外部スタジオに出向く事を希望してGeorge Martin引率の元Olympic Studiosへ出向いたわけですが、EMIの社内規定により外部スタジオへエンジニアが出向いてレコーディングを行う事が出来なかった?・・・正確なところはGeoff Emerickの本による記載しかないので定かではありませんが、BEATLESにとってもJimi HendrixやRolling Stonesのレコーディングで使用されていたスタジオと言う事で、何かしらの化学反応を期待していたような気がしています。

Eddie Kramer Collectionが出た事によって、今までは複数のPlug-Inを繋いで処理していたサウンドが1つのPlug-Inで、しかもユーザー・インターフェース内の数少ないコントローラーで音作りが出来ると言う事は、複数のPlug-Inを使い倒す時に比べCPUの負荷軽減や音作りのスピード・アップが図れるし、意図する音がハッキリしている場合には、複数の機能が1つにまとまってこれほど使いやすいCollection形式は無いような気がしています。

目的が一緒でも沢山のパラメーターをコントロールするにはDAWでの作業は繁雑すぎるし、なかなか目指す音に達しない時のことを考えると、最近のWAVESが打ち出してきているJJP Collection、Tony Maserati Collection、そして今回のEddie Kramer Collectionはビギナーだけじゃなくプロフェッショナルにとっても便利な物として定着しそうな気がしています。
□ 収録ソフトウェア
Eddie Kramer Bass Channel:
Eddie Kramer、ベースチャンネルを語る: 「Eddie Kramer Bass Channelの背後にあるアイデアは、威圧的にならず切り裂くような、プレゼンスたっぷりのファットベースを作り上げるということ。
一般的に、中低周波数帯域は特徴的だよ。だからこそラジオミックスで本当にはじけて聞こえる。それにこの方法なら、常にベースはクリアに聞こえる。スモールスピーカーで小ボリュームだったとしてもね。
Bass Channelは2つのフレーバーを提供するんだ:Bass1、このコンプレッションはより少なく、息づくような空間を持つ、よりダイナミックなサウンドだ。Bass2はコンプレッションを増やしたよりアグレッシブなサウンドだよ。」

Eddie Kramer Drum Channel
Eddie Kramer、Drum Channelを語る: 「Drum Channelは私のドラムサウンドのエッセンスを本当にうまく捉えたplug-inだ。Zepのような空気感たっぷりの巨大なサウンドでも、 Stonesのようなもっとドライでダウントゥーアースなサウンドでも、ヘビーなコンプレッション感の、潰された、Hendrixタイプのサウンドであっ ても、このplug-inなら素早く、簡単に到達できる。
バスドラム、スネアといった具合に個々のモードが用意されているから、自分自身のハイブリッドドラムキットを作成して、そこから自分のお気に入りの要素を使用してミックス仕上げることができるんだ。」

Eddie Kramer Effects Channel
Eddie Kramer、Effects Channelを語る: 「Effects Channel plug-in用に、私は音を絵の具のように塗る時いつも使う、基本的ないくつかの要素を再現することから始めたんだ。何年も時間をかけて、これらの要素 はウィスパーボーカルから咆哮するギターまで、様々なソースとスタイルに適合するよう進化し続けてきたんだ。
H-Slap は15 inch/secのテープをエミュレートした、より短いディレイとミディアム設定のEMTプレートリバーブが一緒になっている。
Z-Slap はより長いディレイ(7 1レ2 inch/sec)とフィードバックを少し、それからより長い設定のEMTプレートが一緒になっている。
この2つで、おおよそどんな用途であっても、理想的な設定を簡単に見つけ出すことができるよ。」

Eddie Kramer Guitar Channel
Eddie Kramer、Guitar Channelを語る: 「Guitar Channel plug-inはリードギター向けと2種類のリズムギター向けの設定をフィーチャーしている。
リードギターパートは、ライブ感や息をのむようなオーガニズムがあって、ミックスの中ではっきりとした刺激を創り出して欲しい。正しい量のEQ、コンプ レッション、ディレイ、リバーブ、わずかなフランジャー、この5種類を組み合わせて、一緒に使用することで、リードギターパートを生き生きとしたものにで きるんだ。
リズムギターは、可能な限り「眼前に迫ってくる」ようトライする。サウンドをEQし過ぎずね。コンプレッション量を調節し、あまり大きなスペースを作らないことで、リズムギターがあるべき最前列にいると確認できるんだ。」

Eddie Kramer Vocal Channel
Eddie Kramer、Vocal Channelについて語る: 「ミキシングの際、いつもボーカルとその他のトラックの間では葛藤が存在する。私の場合、よいミックスというのは、すべての要素がシームレスに結びついて いるということであり、お互いに尊重し合っている状態だ。Vocal Channel plug-inをデザインするにあたり、私たちはユーザーがボーカルをミックス内で配置し、その後トラックに戻し、飛び出ることなくできるようにした。 ボーカルの元々の透明感と存在感がすべて保たれるようにね。」

・Vocal Channelは2種類のフレーバーをフィーチャーしています
* Vocals 1、 クラシックロックボーカル用にデザインされ、かなりのダイナミックレンジと強烈さを有しています。
* Vocals 2、 より柔らかいボーカルパフォーマンス用で、よりスムーズで一定のレベルに保たれます。

TRUSCO バーディワゴン 600X400XH600 ウレタン車輪 YG色 BDW662UYG

【楽天スーパーセール】 Eddie ) ウェイブス ( WAVES Kramer ◆【DTM】【DAW】 Series【EKSIGSG】 Signature Waves ◆ Series Signature-音楽制作

更新日:2016/10/04